食欲がない場合に考えられる病気とは?原因と対策を解説します

いつもはご飯をあげるとガツガツ食べるのに、「今日は食べが悪いな」というときはありませんか?もしかしたら、体の中で何か異変が起きているのかもしれません。

今回は、食欲がない場合に疑われる病気の原因と対策を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください!

原因は?

歯周病

歯周病の初期の段階では、歯茎が赤くなる程度ですが、進行すると出血や口臭がしたり、痛みで食べることが億劫になり食欲がなくなるといった症状がみられます。

歯周病が進行すると、歯周病の細菌が血流にのって全身に運ばれ、心臓や腎臓にたどり着き、他の内臓疾患を併発することもあります。

主な原因は、歯に付着した歯垢を放置し、それが歯石となりやがてその細菌が繁殖し炎症を起こすことで歯周病になっていきます。重症になると、全身麻酔で歯を抜く手術をしなければなりません。

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症は、未経産や出産したことがあっても高齢になったメスに多く見られます。

症状としては、子宮から膿が出るようになり、熱が出たり水をたくさん飲むようになる、おしっこの量が増えたりします。病気が進行すると、食欲がなくなり元気もなくなります。

子宮が細菌に感染し、炎症を起こすことで子宮の中に膿がたまることが原因です。子宮蓄膿症になった場合には、一般的に子宮の摘出手術を行って治療します。

肺炎

肺炎になると、咳が出て食欲がなくなる、運動を嫌がる、疲れやすいといった症状がみられる他、運動しているときに呼吸が苦しそうだったり、呼吸困難になってしまうこともあります。

肺炎は、ケンネルコフの原因となるアデノウイルスや細菌などが気管に侵入し、感染することで起こります。また、アレルギーや寄生虫が原因でなる場合もあります。

対策は?

歯周病の予防には、歯磨きが一番です。理想は毎日することですが、犬の歯垢はだいたい3~5日で歯石になると言われているので、最低でも週に2~3回歯磨きをするようにしましょう。

また、半生フードや缶詰などは歯垢が付きやすいので、ドライフードを与えるようにしましょう。

子宮蓄膿症は、避妊手術をすることで予防することができます。出産させるつもりがないのであれば、初回の発情が来る前に避妊手術をすることをおすすめします。そうすれば、乳腺腫瘍という病気も予防することができます。

肺炎を予防するためには、ワクチンを定期的に接種しましょう。また、健康管理にも気を配り生活環境を清潔に保つことが大切です。

最後に

ただ単に食欲がないという場合もありますが、愛犬からの病気のサインということも考えられます。

他にも症状が出ていないかよく観察し、病気を早期発見・早期治療するようにしましょう。