嘔吐しようとしてもできないで苦しんでいる・・・胃捻転の可能性大!原因と対策を解説します

胃捻転とは

胃がガスや食べ物で膨らんだときにねじれを起こし、さらに膨らみが大きくなり全身に悪影響が出ます。治療が遅れると、ショック状態となり命に関わります。

症状

胃捻転になると、胃がねじれているので吐こうとしても吐けず、よだれを大量に垂らすようになります。さらに悪化すると、だんだん元気がなくなってきて呼吸が苦しそうになってきます。

そのまま放置してしまうと、ねじれた胃によって血管が圧迫され、心臓に血液が行き渡らずショック状態になります。このため、治療が遅れると死んでしまうことが多くあります。

原因

ご飯の早食いや水の一気飲み、食後すぐの運動などが原因で考えられています。

また、ボルゾイやシェパードなど胸の深い大型犬でよく見られます。小型犬でも、ミニチュアダックスやペキニーズでもよく見られるので注意が必要です。

治療

初期の段階では、胃にチューブを入れたり太い針を刺したりして胃の中のガスを抜く方法が一般的です。

重症になると、全身麻酔をかけて胃のねじれをもとに戻しますが、ただもとに戻すだけだとかなりの高確率で再発の危険がありますので、胃の一方を固定することがあります。

また、症例によっては胃を部分的に切除して、容積を減らすという手術も有効です。

手術費用はだいたい20万から50万円くらいを設定している動物病院が多いようです。ペットは人間と違って自由診療のため、獣医さんが自分で価格を設定しているので、動物病院によって価格が違います。

予防

早食い防止の食器を使用したり、ドカ食いさせないために、食事の回数は2回から3回くらいにしましょう。

また、ドライフードを与えている場合にはフードが水分を含み膨張するので、食事後すぐに水を与えないようにしてください。ふやかしてから与えたりすると良いでしょう。

そして、食後すぐや水をたくさん飲んだ後はゆっくり休ませ、落ち着いてからお散歩や遊んだりといった運動をするようにしてください。

最後にもう1つ。ペット保険に加入することをおすすめします。先ほども言いましたが、ペットは自由診療のため動物病院によって価格が異なります。また、人間のように保険がないため、全額自己負担となってしまいます。

ペット保険に加入すれば、人間と同じように保険がきくので、加入するプランによっては8割や7割を保険会社が負担してくれます。

お金がなくて、治療を受けさせてあげられないということにならないためにも、ぜひ加入しておきましょう。

最後に

胃捻転は突然発症し、また一度発症すると再発も多いと言われています。

命にも関わる病気のため愛犬の容態が急変したらできるだけ早く動物病院に連れていきましょう。