犬の涙、目やにが多い場合に考えられる原因、涙やけになる前の対策を解説!

トイプードルやチワワなど特に小型犬に多い涙やけ。最初は「涙がよく出るな」くらいでも、放っておくとどんどんひどくなり目の下が茶色く皮膚がただれてきた、なんてことになってしまいます。

涙やけはいろいろ試してみても治らないという声の多い症状の1つです。そんな目やに、涙やけの原因と対策を解説します!

涙やけの原因は?

アレルギー

犬にも人間と一緒で花粉症があります。決まった時期や場所で涙が大量に出る場合は花粉症が疑われます。涙だけでなく、全身の毛色に変化があったり、発疹や痒がるようであれば食物アレルギーの可能性があります。

涙腺・涙管

涙腺や涙管が生まれつき狭いか、だんだん狭くなって涙が多くなることもあります。もともと狭い場合は遺伝の可能性がありますが、だんだん狭くなる場合は、ドッグフードに含まれる添加物や原材料として使用されているタンパク質が原因ではないかと言われています。

水分不足

涙の98%は水分で、その他にタンパク質などを含む弱アルカリ性の液体です。この水分量が減少すると、タンパク質などの濃度が上昇しべたべたしてきます。

べたべたした涙は涙管をうまく流れず眼の外に溢れ、眼の周囲の毛に付着します。この涙が空気に触れて酸化すると茶色く変色し涙やけになってしまいます。

涙やけにならないようにするには?

アレルギーが疑われる場合には、動物病院での検査をおすすめします。原因物質を突き止め、与えないようにするのがベストです。

涙腺や涙管に原因がある場合には生まれつきだと、涙管洗浄など大掛かりなものになってしまいます。

添加物が原因の場合にはドッグフードを切り替えたほうが良いでしょう。原材料の1番目に良質なタンパク質が来ていて、穀物不使用のグレインフリーフードがおすすめです。ヒューマングレード(人間でも食べられる品質)の表記があればベストです!

また、水分を多く摂取させるようにしましょう。しっかりと運動させ、体液の流れを良くし、水を飲ませることによって、尿から老廃物を排泄させるようにします。

最後に

涙が出て、目やにが増えてきたときはこまめに拭いて清潔に保つことが大切です。この基本的なことを怠ると、涙やけを悪化させ湿疹やかゆみの原因にもなりかねません。

また、自己流のケアで悪化させてしまったり、結膜炎や他のトラブルを併発してしまわないように、「たかが涙やけ」とあなどることなく症状がでたら、まずは動物病院で相談をしましょう。