犬が咳をしている場合に考えられる原因と対策を解説します!

犬も人間と一緒で咳をすることがあります。何かが喉に詰まったときにするときもあれば病気のサインかも・・・という咳もあります。

今回は咳をしているときに考えられる病気の原因と対策を解説します。

咳の原因は?

ケンネルコフ

食欲も元気もあるけれど、時々咳をするという場合に考えられる病気として、ケンネルコフが挙げられます。

ケンネルコフはウイルスや細菌の接触感染や飛沫感染が原因で発症します。ペットショップなど犬が集団で生活する環境では1頭が発症すると次々と感染してしまいます。

フィラリア症

フィラリアに感染しても初期の段階では、ほとんど症状はみられませんが寄生されてから年月が経過すると咳の症状が見られるようになります。

フィラリアに感染している犬を蚊が吸血することによってフィラリアの幼虫が蚊の体内に入ります。その蚊に吸血されると、口から幼虫が犬の体内に入り、感染してしまいます。

フィラリアが多数寄生している場合には、大動脈症候群になりすぐに治療を行わなければいけません。治療が遅れると致死率はほぼ100%です。

心臓病

咳のほかに疲れやすい、運動をしたがらないといった症状が見られたら、僧帽弁閉鎖不全症を疑いましょう。

心臓の中にある血液の逆流を防ぐ働きをする僧帽弁が変性し、弁がしっかり閉じなくなることが原因です。

変性が起こる原因は不明とされていますが、キャバリアやマルチーズなどの犬種に多いことから遺伝的要因があるのではないかと考えられています。

どうしたら予防できるの?

ケンネルコフの原因となるウイルスのいくつかに対してはワクチンがあるので子犬のころからきちんと接種するようにしましょう。

フィラリアの確実な予防法は月に1回の予防薬の投与です。この薬は幼虫が血管に入る前に死滅させてくれるものです。投与期間は蚊が出る1カ月前からいなくなる1カ月後までといわれていますが、理想は1年を通しての投薬をおすすめします。

また、1年間薬を与えていなかった場合には薬をあげる前に必ず、病院でフィラリアに感染していないか検査をしてもらいましょう。

1年間毎月与えていれば、感染の心配はありませんが、そうでない場合に感染している状態で薬を与えてしまうと、死滅した血管につまってしまい愛犬がショック死してしまうことがあります。

僧帽弁閉鎖不全症は原因不明の病気で発症してしまうと完治することはありません。なので、こうすれば予防できるといった確実な方法があるわけではありません。

しかし、発症してしまった場合に病気の進行を遅らせることができますので、早期発見・早期治療がカギとなります。

発症しやすい犬種を飼っている場合には健康診断を定期的に受けることをおすすめします。

最後に

ひとくちに咳といっても、様々な原因、病気があります。

ちょっと咳き込んだだけのものもあれば、心臓病など大きな病気のサインという場合もあります。

咳が長引くようであれば、愛犬の健康を守るためにも一度動物病院を受診してみましょう。