犬が下痢、嘔吐をしたら腸炎の可能性があるかも!考えられる原因と対策を解説します

ワンちゃんを飼育していく上で、よくある異常が下痢や嘔吐だと思います。単なる食べ過ぎやストレス、あるいは腸炎などの病気のサインかもしれません。食べ過ぎであれば、少し様子見でも大丈夫ですが、万が一病気だった場合きちんと対処しないと手遅れになってしまうかもしれません。この記事ではワンちゃんが下痢や嘔吐をした場合に考えられる原因と対策を解説していきます。

下痢の原因は?

食べ過ぎ

子犬の時期によくあるのがドッグフードの与えすぎです。子犬はコロコロしているくらいが健康的で良いのですが、まだ自分で食べる量を調整できないのでお腹いっぱいになっても食べ続けてしまいます。そのため、消化しきれず下痢をしたり嘔吐したりします。

ストレス

ワンちゃんも人間と一緒で緊張したりストレスを感じます。引っ越しなどの環境の変化やトリミングに出すなどの普段と違うことをすると便がゆるくなることがあります。

寄生虫

寄生虫はとっても身近な存在です。「回虫」や「鈎虫(こうちゅう)」、「鞭虫(べんちゅう)」は口から卵が入ることで感染します。

お散歩中に寄生虫に感染している他の犬の便の匂いを嗅いだときや舐めてしまったときに感染することがあります。感染すると下痢や嘔吐を引き起こし、便や嘔吐物に寄生虫が見られる場合もあります。

アレルギー

食物アレルギーがある場合、アレルギーの原因となるものを食べるとアレルギー反応をおこして下痢をします。

腸炎

炎症性腸疾患で急性のものと慢性のものがあります。急性腸炎は急によだれを垂らすような吐き気から始まり、下痢を伴うことが多いです。原因は様々ですが、多い要因としては腐った食べ物や水を飲んだことによる細菌感染やパルボウイルス感染症などです。

慢性腸炎は炎症性腸疾患といわれ、Tリンパ球、好酸球などの炎症細胞が腸の粘膜全体に広がったことで慢性的に炎症が起こる病気の総称です。

急性腸炎と比べると症状は軽いですが、下痢や嘔吐を繰り返すため、体力が低下したり栄養不足からさまざまな器官に負担がかかったりします。

お腹が鳴ったり口臭が強くなります。また、お水を多く飲むようになり尿の量が増え元気がないように感じられます。このような症状が慢性的に繰り返し見られます。

それぞれの症状の対策を解説!

食べ過ぎやストレスであれば、緊急性は低いので様子見でOKです。与えるフードの量をいつもより少なくしたり、1食抜いてみるのもありです。

ただ、子犬の場合は食事を抜いてしまうと低血糖になってしまうことがあるので注意が必要です。

寄生虫やアレルギーの場合は、緊急性は低いですが動物病院の受診をおすすめします。虫下しを処方してもらったりアレルギーの原因を突き止める必要があります。

また、犬は肉食なので穀物の消化を苦手とし、アレルギーが出やすいです。ドッグフード選びにはグレインフリーのフードをおすすめします。

腸炎が疑われる場合にはすぐに動物病院で診察してもらいましょう。

急性腸炎の場合は原因により治療方法は異なります。外科的な手術だったり抗生物質の投与になります。

慢性腸炎の場合、完治が難しいといわれていますが食事療法や生活習慣を見直すことが改善への近道です。

最後に

下痢、嘔吐の原因はさまざまです。様子見でOKの場合もあれば、緊急性の高いものあります。ここに記したのはほんの一例ですので、少しでも心配なことがあれば、大切な愛犬の命を守るためにも自己判断せずに獣医さんに診てもらいましょう。