もしかして糖尿病!?ちゃんと食べているのに痩せてくる、水を大量に飲むといった症状が出たら要注意!

犬の糖尿病は症状が進行してから発見されることが多く、毎日の食事管理や注射が必要になる大変な病気です。

合併症を引き起こすこともあり、早期発見・早期治療が大切です。今回は糖尿病になるとどんな症状が出るのかや原因、治療法、対策をご紹介いたします。

どんな症状が出るか

インスリンは膵臓から分泌され、血液中の糖を細胞内に取り入れる働きをしているのですが、何らかの理由でインスリンの働きが弱くなると糖を細胞内に取り入れられず、血液中に残ったままになってしまいます。

これを高血糖といい、高血糖が続くと体のさまざまな器官に障害が出てきます。

糖尿病になると多飲多尿といって、水を大量に飲んだりおしっこの量が増え、糖をエネルギーとして取り入れられないので食欲があって食べているのに痩せてくるといった症状が見られます。

原因

糖尿病には膵臓の細胞が壊され、インスリンが分泌されなくなるタイプと、インスリンが分泌されているものの、その効果が弱くなってなってしまうタイプの2種類があります。

インスリンが作れなくなる原因はわかっていませんが、「肥満」「遺伝」「犬種」「年齢」「性別」が関係しているのではないかといわれています。

糖尿病にかかりやすい犬種としては、ミニチュア・シュナウザーや、トイ・プードル、ビーグルなどが知られています。

また、糖尿病にかかる年齢は6歳以上が大部分を占めており、オスよりもメスのほうがなりやすいというデータもあります。

高齢になるにつれて代謝が落ちてきているにもかかわらず、今までの同じ食事量だといつの間にか肥満になってしまうこともあります。オスよりもメスのほうがなりやすいのはメスの性ホルモンが糖尿病の発症と関係あるとみられています。

避妊をしていないと、発情期の後の2か月間で黄体ホルモンが上昇しているときに、一時的に後者のタイプの糖尿病になってしまうこともあるようです。

治療

糖尿病の治療はインスリン注射になります。これは毎日行うもので獣医さんから指示を受けて飼い主さんが注射します。

インスリン注射の効果を高めるために、肥満の改善や避妊手術を行います。肥満の改善には適切な食事と適切な運動が大切です。

食事量や運動量によってインスリンの投与量は変わりますので、獣医さんと相談の上、実施するようにしましょう。

対策

糖尿病の予防には肥満にならないことが大切です。適切な食事量と運動量を管理しましょう。

おやつもなるべく減らしましょう。どうしてもあげたい場合は食事の量を減らしたり運動量を増やしたりして調節してあげてください。

メスであれば、避妊手術をするのも良いでしょう。ただ、避妊手術をすると太りやすくなる子が多いので気をつけましょう。

最後に

愛犬に健康で長生きしてもらうためにも、糖尿病は避けたい病気の1つです。

糖尿病になってしまうと完治が難しいので生涯付き合っていかなければならず、飼い主さんもワンちゃんも大変です。

肥満にならないように気を付け、もし糖尿病の症状が見られたら早めに獣医さんに診てもらいましょう。